静岡社会健康医学大学院大学 総務省委託研究「電波に関する持続可能な
リスクコミュニケーションの方法論の確立」

ElectroMAgnetic field Risk Communication eMARC

5Gなどの新技術導入を始めとする電波利用の多様化に伴い、電波に対する健康影響の懸念が世界的に高まっています。
本研究では、心理学の手法であるメンタルモデルを用いて、科学的根拠に基づくリスク認知の視点から電波のコミュニケーションを提供します。
GOLIAT国際共同研究を協調して社会実装ツールを作成し、わが国独自の効果についても疫学的に検証していきます。

詳細はこちら

NEWS

  • 2024.02.22

    【研究対象者専用ページ】関連資料をアップしました。

    研究対象者専用ページに、関連資料をアップしましたのでご確認ください。

  • 2024.02.22

    eMARC HPを公開しました。

    電波に関するリスクコミュニケーションに役立つ情報を発信していきます。

    「電波に対するリスク認知に関する疫学研究」の参加の皆様への情報も掲載します。

もっと見る
閉じる